痛風の痛みからオサラバするための食事療法~イタミナイナイ~

夫婦

食生活の欧米化が原因

夫婦

痛風の原因は、動物性蛋白質や動物性脂質です。栄養バランスや食事の量を気にせずに普段から生活していると、肥満になり、痛風を引き起こしてしまいます。痛風を予防、改善するためには、普段の食事に気をつけましょう。

詳しくはコチラ

サプリを有効活用

生活習慣病の改善にも効果を発揮してくれます。DHAを取り入れて、体内の溜まっている脂肪燃焼を促進させておこう。

現在では若い世代にも見られることが多い痛風は食事で改善することができます。悪化してしまう前にしっかりと治療をすることが大切です。

男性

日本では100万人ほどの、痛風患者がいます。痛風の原因は、食生活、運動不足、ストレスなど様々あります。今では医学の進歩によって、痛風に効果的な薬も開発されているので、しっかりと治療を受けることで健康的な生活を送ることができます。しかし、痛風の症状は発作的に起こるものなので、痛みが無いからといって治ったと勘違いする人が多く、病院を受診しない人もいます。痛風を放置してしまうと、関節痛を繰り返すだけではなく、腎臓も悪くなる病気なので、痛風の症状を感じたら、速やかに病院に行くことが大切です。

痛風を予防、改善する上で重要なのが、食事です。プリン体を多く含んでいる食品の摂り過ぎや、食事の量が多いと、痛風になりリスクは高まります。ですから、普段の食生活を見直して、食事の量が多くないか、プリン体を摂り過ぎていないか、をチェックしてみることが大切です。栄養バランスが良い食事や、腹八分目に抑えるだけでも、痛風の予防に繋がります。また、サプリメントを活用するというもの1つの方法です。痛風を改善するのに効果的な、プリメントも多数販売されていますから、それらを摂取することで、痛風を予防、改善していくことができます。人気の痛風サプリメントは、インターネットですぐにチェックすることができますから、痛風の症状がある人は、一度見てみると良いです。痛風のサプリメントを選ぶ時には、血液浄化の成分や、尿酸を排出する成分が入っているものを選んだ方が良いです。サポニン、アンセリン、カリウム、葉酸などの成分が含まれていると、期待できるサプリメントです。また、添加物が含まれているものよりも、漢方のような天然の物が含まれているサプリメントの方が、体に優しいですし安全です。

薬物で痛みを抑える

足

痛風の治療は、主に薬物療法になります。まずは発作を抑えるためにコルヒチンや非ステロイド性抗炎症薬などを使います。発作が治まったら、尿酸値を下げる治療を行います。薬物療法として併用して食事療法も行っていきます。

詳しくはコチラ

プリン体に気をつける

医者

尿酸値が過剰に上昇することで痛風は引き起こされます。尿酸値を抑えるためにも、プリン体を多く含んでいる食品はなるべく避けた方が良いです。上手に食事することで、痛風の予防に繋がります。

詳しくはコチラ